NEWS

お知らせ

禁煙外来を始めます!

7月から禁煙外来を開始します。スケジュールは3ヶ月で、下の図のように開始日を含めて計5回の受診となります。

 

保険診療での治療となりますが、満たさないといけない4項目があります。

●直ちに禁煙しようと考えている

●10個の質問により、ニコチン依存症と診断されている

●「1日の喫煙本数×喫煙してきた年数」が200以上である

●禁煙治療を受けることを文書により同意すること

費用は3ヶ月でお薬代を含めて、3割負担の場合ですと、2万円弱です。一般的な3ヶ月のタバコ代よりお安いと言われています。

また当院では初診時には肺機能検査の測定もオススメします。タバコが原因となる呼吸器の疾患に“肺気腫”があるからです。

下の写真をご参照ください。肺の顕微鏡写真です。左は健康な方の肺で、小さな風船が集まって蜂の巣のように見えます。この小さな風船1つ1つが空気中の酸素を血液に取り込む場所です。また、この小さな風船が集まった網目構造は気管支を引っ張り、気管支が潰れてペチャンコにならないようにしています。右の肺はこの小さな風船の壁が壊れてしまっています。原因はタバコです。小さな風船が集まったできた網目構造が破壊されていますので、気管支を引っ張る力が弱くなり、簡単にペシャンコ→息がしにくく=息苦しくなるのです。

 

 

その程度が肺機能検査で、“見えて”きます。下は肺機能検査のグラフで、左が健康な方、右は肺気腫の方です。肺気腫の方はグラフの下り坂が押しつぶされてきます。しかも、壊れた肺は元に戻らないのです。治療前に現在の肺機能の状態を確認されることをオススメします。

 

禁煙への意欲がある方は、ぜひお声掛けしてくだい。

事前予約はこちら